サルでもわかる自作パソコンのパーツ
お問い合わせリンクサルでもわかる自作パソコンのパーツ

ハードディスク

昔のパソコンには、記憶媒体というものが無いのが当たり前でした。カセットテープやフロッピーディスクを経て、ハードディスクが標準装備になったのは1980年代半ばを過ぎた頃のことです。
ここでは、ハードディスクと自作パソコンの関係や、選び方について解説していきます。

ハードディスクとは

ハードディスクは、磁気を利用した大容量記憶媒体で電源を切っても記録を維持しておける性質を持っています。現在では、パソコンだけではなくデジタルオーディオプレイヤーや家庭用ゲーム機などにも搭載されています。

ハードディスクの特徴

ハードディスクは、DVDやCDなどの光学メディアやフロッピーディスクなどの磁気メディアよりも遥かに大容量の情報を扱えるという特徴を持っています。この特徴により、ハードディスクを標準装備したパソコンは「フロッピーディスクの入れ替え」から開放され、ソフトウェアを発展させるきっかけを生み出しました。

ハードディスクの役目

ハードディスクは、データを容量の許す限り記録しておくことが出来るという特徴を活かして、OSなどの必要なソフトウェアを保存しておくのが主な役目です。また、ハードディスクは空き領域を仮想メモリとして開放するという役目を持っています。仮想メモリは本来のメモリほど速度は早くないものの、メモリ不足を補うには充分な力を持っています。

HDDの弱点

ハードディスクは、データを容量の許す限り記録しておくことが出来るという特徴を活かして、OSなどの必要なソフトウェアを保存しておくのが主な役目です。また、ハードディスクは空き領域を仮想メモリとして開放するという役目を持っています。仮想メモリは本来のメモリほど速度は早くないものの、メモリ不足を補うには充分な力を持っています。

HDDの次は?

パソコンの記憶媒体の中でもっとも容量が大きいのがハードディスクですが、携帯にはやや不向きな面があるのも確かなことです。そのためモバイルパソコンなどでは、フラッシュメモリを複数連結して大容量記憶媒体として使う「SSD」が注目されています。SSDは情報の記録と読み出しの繰り返しに長けていて、耐衝撃性にも優れているなどのメリットがあります。しかし、SSDはハードディスクに比べて容量が小さくコストが高い上に、原因不明の不具合が起こることがあるというデメリットがあります。ハードディスクとSSDは、目的に応じて使い分けるのが現時点ではベストの選択であるといえます。

ハードディスクの選び方

自作パソコンでは、予算が許す限りの範囲で大容量のハードディスクを搭載したパソコンを作ることが可能です。しかし、注意すべき点を抑えていなければせっかくの大容量ハードディスクも無駄になってしまうことがあるのです。

接続端子を確認する

ハードディスクとマザーボードを接続する端子には、SCSIとATAとシリアルATAなどの規格が存在します。現在主流となっているのはシリアルATA端子ですが、ATA規格のパラレルATA対応のハードディスクも処分品として放出されていることが稀にあります。値段だけで判断せず、マザーボードが対応している規格で判断するようにしましょう。

容量を考える

当たり前の話ですがハードディスクの容量が大きければ大きいほど、値段は高くなります。しかし、容量に余裕があればその分だけ仮想メモリに充てることの出来る空き領域も大きくなります。予算と必要な性能の兼ね合いを考えた上で、ハードディスクの容量を決定するべきでしょう。

バックアップを考える

ハードディスクは、パソコンのパーツの中でも損耗率の高いものであるといえます。長く使っているうちに、壊れてデータが読み込めなくなることもしばしばです。なので、出来ることなら外付けハードディスクなどを用意して、重要なデータをコピーしておくように心がけたい所です。

自作パソコン
<a href="http://jisapc.com/" target="_blank"><img src="http://jisapc.com/img/banner.gif" alt="自作パソコン" width="88" height="31" border="0"></a>

サルでもわかる自作パソコンのパーツ

<a href="http://jisapc.com/" target="_blank">サルでもわかる自作パソコンのパーツ</a>

広告掲載