サルでもわかる自作パソコンのパーツ
お問い合わせリンクサルでもわかる自作パソコンのパーツ

メモリ

メモリは「机」に例えられることがあります。机が広ければ本を何冊も広げておけるし、作業の効率もアップします。
メモリは、パソコンの作業能力や速度に大きく関連を持つパーツなのです。ここでは、メモリの種類や選び方などの情報を紹介していきます。

メモリとは

メモリーは、記憶を意味する「Memory」に由来して名づけられた「コンピューターの記憶媒体」のことで、専門用語ではRAM(Random Access Memory)といいます。

メモリの特徴

パソコンで使用されているメモリは、「情報の読み書きを繰り返して行なえる」性質を持っています。この性質を利用して、ハードディスクから読み出した情報やCPUの演算結果を一時的に保存してパソコンの作業能力を助けているのです。メモリは容量が多ければ多いほど作業速度が高まるという特徴を持っているため、画像処理などの目的でパソコンを使用する場合はメモリを増設しておくのが常識となっています。

メモリの種類

パソコンで使われているメモリにはいくつかの種類があります。内部構造の違いや外部構造の違いで分類が行なわれます。

SRAM

SRAMは情報を即座にやり取りするのに向いているメモリです。フリップフロップ回路というトランジスタで構成された記憶回路を内部的に持っているため、大容量化しにくく高価になるという欠点があるため、パソコンのメインメモリとしてではなくCPUの2次キャッシュなどの一時的記憶媒体として使用されます。

DRAM

DRAMは、内部に備えたコンデンサの電荷の有無で情報を記憶する構造になっていて大容量化しやすくコストが安く収まるものの消費電力がSRAMよりも多いというデメリットを持っています。現在はDRAMの仕様を拡張したSDRAMをベースとするDDR SDRAMやDDR2 SDRAMが使用されています。

SIMM

SIMMとは、メモリをマザーボードに取り付けるための規格の一つです。SIMMの登場でメモリスロットという概念が誕生した、記念すべき存在とも言えます。しかし、装着時に破損するトラブルが起こりやすい構造だったことからDIMMへの移行が進み、現在ではあまり使用されていません。

DIMM

DIMMは、SIMMの欠点を反省して取り付けやすくなったメモリの規格です。SIMMやDIMMの利点は、メモリの核となる半導体を一纏めにした構造を持ったことで付け替えが非常に簡単に出来るようになったということに尽きます。

メモリの選び方

メモリを選ぶ場合、マザーボードの選択が大きな決定要因になります。

マザーボードとの相性

現在、主流となっているのはDIMM式のDDR2 SDRAMですが、発展型のDDR3 SDRAMを使用しているマザーボードもあります。基本的には、マザーボードの仕様に合わせたメモリを使用しないと動作しないどころか故障することがあります。また、マザーボードの仕様にはメモリ容量の上限もあるため、注意する必要が在ります。

メモリはどれだけ必要か

パソコンはソフトウェアを動かすにも、OSを常駐させておくにも「最低システム要件」と「推奨システム要件」という二つの条件を満たしておく必要があります。メモリも、このシステム要件に含まれる要素の一つです。「最低システム要件」というのは「この程度の性能ならどうにか動きます」という意味で、「推奨システム要件」とは「これだけの性能ならストレスを感じない速度で動作します」という意味であると考えましょう。大抵の場合、OSの最低システム要件を満たすだけのメモリ容量があれば問題はないので、「OSの最低必要メモリ容量プラスアルファ」程度の容量のメモリを購入するように心がけましょう。

自作パソコン
<a href="http://jisapc.com/" target="_blank"><img src="http://jisapc.com/img/banner.gif" alt="自作パソコン" width="88" height="31" border="0"></a>

サルでもわかる自作パソコンのパーツ

<a href="http://jisapc.com/" target="_blank">サルでもわかる自作パソコンのパーツ</a>

広告掲載